二宮優樹の紹介

二宮優樹は、武蔵野音楽大学声楽学科出身のものまねタレントです。
主にものまねタレントとして活動を行っており、2004年に放送されたテレビ番組がきっかけでデビューしました。
特に演歌歌手である氷川きよしや、さまざまなのアーティストをまねた弾き語りが有名です。

二宮優樹は高校で福祉関係のことを学び、その後は武蔵野音楽大学へと進学しました。
介護福祉士や音楽教員免許も持っているなど、非常に珍しい経歴を持つものまねタレントです。
彼のものまねのレパートリーにもその片鱗が見て取れます。

ものまねのレパートリーは多彩で、レミオロメンや平井堅、KinKi Kidsの堂本剛などのアーティストから、中島みゆき、和田アキ子などまで、バリエーションが豊富です。
主に歌手やアーティストのものまねが多くなっています。
また、今までの経験などから、テレビ番組のナレーションを行ったこともあります。

また、ものまねタレントとして活躍する一方、舞台俳優としても活動しています。
2009年、宮本亜門演出の演劇「三文オペラ」で舞台デビューを果たし、翌年の「ドラキュラ伝説~千年愛~」、そして2011年には「レ・ミゼラブル」など、さまざまな舞台へ出演しているのが特徴です。
テレビのものまねとは違った一面を見ることができます。
副業として行っているようですが、さらにはボイストレーナーとしても活躍しています。

そして2015年からは、歌手としての活動も開始しています。
名前は松阪ゆうきで、2015年の10月21日に発売されたシングル「ふるさと帰り」でデビューを果たしました。
同年の12月16日にはアルバムの「ゆうきと民謡の旅1」を発売しています。

二宮優樹は、ものまねタレントとしてデビューをした後、ミュージカルへの出演、ボイストレーナーや歌手としての肩書きを持つなど、多方面で活動を続けています。
多彩な才能を発揮しており、今後もさまざまな分野での活躍が期待されます。