望月誠人の紹介

望月誠人は、武蔵野音楽大学卒業出身の音楽家で、トロンボーン奏者としても知られた存在です。
また音楽監督としても活躍しており、その経験や知識などは多くの人に認められています。
ちなみに「ヅッキー」と呼ばれることが多く、これは、苗字の「もちづき」が由来しているのでしょう。

望月誠人といえばトロンボーンというイメージですが、トロンボーンに出会ったのは、中学生の頃です。
きっかけは所属していたブラスバンド部で、才能を発揮して頭角を現していきました。
高校生の時には全国規模での活躍を見せ、本格的に音楽を学ぶために武蔵野音楽大学に入学しました。
武蔵野音楽大学に入学した際にはオーケストラでの活躍を夢見ていたようです。

望月誠人は少し特殊な経歴を持つ音楽家で、短期間ではありますが、中学校で音楽の授業を教えていた経験もあるようです。
他にも近藤真彦や松岡直也、爆風スランプと言った有名ミュージシャンのコンサートツアーに参加するなど輝かしい活躍を見せています。

それにアレンジ活動も盛んに行っており、1990年頃から亡くなってしまう前まで、アレンジやディナーショーなどで活動していたようです。
残念ながら2011年に亡くなりましたが、その功績は今でも高く評価されています。