神崎ゆう子の紹介

神崎ゆう子は歌手として今もなお活動しています。
主に童謡を好んで歌っており、その声質の良さは有名です。
所属事務所はRasisaで、その屋台骨を支えているのが神崎ゆう子なのです。

武蔵野音楽大学の声楽科を卒業しているのですが、実は小さい頃にNHK東京児童合唱団(当時は違う名称)に入っており、本格的に歌を歌っていたとのことです。
大学にいる間には「歌を歌う」ということにとことんこだわり、結果的にかなりのレベルに達しています。
そうした努力や才能の影響もあり、大学に通いながら「おかあさんといっしょ」に出演するようになりました。
うたのおねえさんになったのは、21歳のことで、この最年少記録は今でも破られていないようです。
しばらくの間はなかなか破られないような不滅の記録と言えるでしょう。

「おかあさんといっしょ」のうたのおねえさんは、6年間務めており、その後は司会業にも挑戦するなどマルチな才能を発揮しました。
神崎ゆう子は16代目のうたのおねえさんで、その次の17代目も、同じ大学出身の茂森あゆみです。
結婚をして子供ができてからも精力的な活動をしており、50歳となった今でも多方面で活躍しています。
「きゅん」「ふわり」という童謡盤も出していますし、その他にもアルバムを出しています。
さらにシングル作品もたくさん発売されていて、超有名テレビ番組のテーマ曲にもなっています。

今は自身が卒業した後進の育成にも取り組んでいます。
神崎ゆう子のオフィシャルサイトやオフィシャルブログも設けられていますし、そこに掲載されている写真を見るとその美貌に驚くという人も多いでしょう。
年齢を全く感じさせることのないルックスを維持しており、音楽的な才能だけではなくて、いろいろな魅力溢れる人だと実感できます。

コンサートも頻繁に開いていますので、興味がある人は、是非とも足を運んでみるべきでしょう。