藤澤ノリマサの紹介

藤澤ノリマサは日本で活躍するアーティストです。
歌手としての活動を行っている傍らで曲も手がけており、作曲家の一面も持っています。

両親はともに音楽関係の仕事をしており、セリーヌ・ディオンの影響によって音楽家を目指すことを決めたと言われています。
2001年には武蔵野音楽大学の声楽学科へと進み、2005年に卒業後は歌手として歩み始めました。

藤澤ノリマサは、ポップスとオペラを巧みに使い分ける歌唱法が有名です。
それぞれはまったく異なるものですが、彼はこの2つを融合し、ポップスオペラという新しい歌唱法・ジャンルを作り上げました。
これは自身の音楽活動の中で積極的に取り入れられており、今までに発表した曲でもポップスオペラを聴くことができます。

また、藤澤ノリマサは2005年に大学を卒業して以降、さまざまな曲を生み出しました。
同年にはSisterQの「愛と夢」にゲスト参加し、本格的に活動を開始しています。

2005年に発売されたシングル「ダッタン人の踊り」をきっかけにメジャーデビューし、同年には「VINCERO(ビンチェロ)」・「Cross Heart」を発売しました。
その後も年に2~3回のペースでCDを発表しており、2011年に発売された「希望の歌~Lasperanza~」は、オリコンランキングで1位にランクインしています。

デビュー当時より全国各地のストアでイベントを開催したり、定期的にライブを行うなど、積極的に活動しているのも特徴です。
特にファンとのコミュニケーションを重視しており、2010年にはシングルのモチーフとなる曲を募集するイベントが実施されています。
その後発売された「希望の歌~交響曲第九番~」は、このイベントがきっかけになっており、発売後は全国各地で合唱イベントも開催されました。

ポップスオペラという新しいジャンルを開拓した藤澤ノリマサは、さまざまな分野で作曲・歌手として活動しています。
今後も目が離せないアーティストです。