音楽学部について

武蔵野音楽大学の音楽学部には、2つの学科があり、コースは7つあります。
まずは楽器の技術を学ぶことが出来る、器楽コース。
有鍵楽器・管楽器・打楽器・弦楽器…こうした楽器のどれに適正があるのかは、人それぞれです。
器楽コースでは生徒一人一人の個性に合わせた授業が行われており、技術や音楽性のレベルアップをすることが出来ます。
客員教授には海外の著名な人物が名を連ね、一流の指導者による高度な指導を受けることが出来ます。

声楽コースでは、歌を学ぶことが出来ます。
歌は自分の技量を磨き上げればそれでいいというわけではなく、時には楽器と合わせることも求められます。
声楽コースでは実際の舞台での演奏も組み込まれており、実践を通して歌の奥深さを学ぶことが出来ます。

ヴィルトゥオーゾコースでは、プロの演奏家を育成する授業が行われています。
長時間の個人レッスンが多く組み込まれていることが特徴で、世界に通用する人材を育て上げます。
将来的には日本のみならず世界を視野に入れているプロ意識の高い人に、武蔵野音楽大学のヴィルトゥオーゾコースは向いていると言えるでしょう。

音楽は、曲が無くては始まりません。
そんな曲を作る知識と技能を学べるのが、武蔵野音楽大学の作曲コースです。
既存のどの曲とも違う、自分だけの名曲を作りたい。
そんな人は、武蔵野音楽大学の作曲コースで研究に励みましょう。

音楽の歴史や、文化との関わり。
そうした学問としての音楽を探求していきたい人に向いているのが、音楽学コースです。
学んだ知識は演奏に活かせるだけではなく、将来的に指導者や音楽雑誌の編集者になった時にも役立つことでしょう。

音楽教育コースでは、音楽の指導者の育成が行われています。
音楽の先生に憧れているという人は、ここでそのための知識や技術を学ぶことが出来ます。
指導者になって、音楽の素晴らしさを広めましょう。

アートマネジメントコースもあり、この分野について本格的に学ぶことが出来ます。
音楽に関連する施設の企画や運営、また制作のための知識や技術を学びたい。
そんな人に、向いているコースと言えるでしょう。

武蔵野音楽大学の音楽学部には、こうしたコースが用意されています。
どのコースが合っているのかは人それぞれ。
音楽を学びたい、音楽を仕事にしたいという人全てのニーズに応えているラインナップと言えるのではないでしょうか。
この大学で学んだ知識や技術は、将来音楽活動をしていく上できっと役に立つことでしょう。