池田綾子の紹介

池田綾子は東京都出身で、武蔵野音楽大学を卒業した音楽家です。
武蔵野音楽大学の声楽科を出ているということは、在学中から声楽に親しんでいたのでしょうね。

声楽科を出ているのですが、楽器にも親しみがあるようです。
小さい頃からピアノをはじめたようで、こちらのスキルも相当なものなのでしょうね。

小学校に入ってからは合唱団に入って活動を行ったり、様々な活動を行っています。
武蔵野音楽大学に入学してからは声楽科に所属していたのですが、ドイツの歌曲を主に学び、音楽の本場でもある世界的に知られたウィーンにも留学を果たしています。
こういった経験や実力が認められて学校内でのイベントへの出場の夢も叶えているのです。

池田綾子は、大学卒業後にはヤサシイウタという曲でデビューを果たしています。
そして何より驚きなのは、この曲が知名度も高い昼ドラマの温泉へ行こう3の主題歌として採用されたということでしょう。

デビュー曲が好調だったこともあって、第2弾シングルとなるLifeを同じ年に発売し、オリコンで30位に輝いています。
そしてこの曲も「愛なんていらねえよ、夏」というドラマで使用されることになって、誰もが驚く結果となりました。

こういった実績を見ると分かりますが、池田綾子は実力を兼ね備えているシンガーだといえます。
肩書はシンガーソングライターや歌手で、ほぼすべての曲の作詞を池田綾子が手掛けています。
また作曲についても手掛けるケースも多く、さすが武蔵野音楽大学で音楽について勉強しただけあります。

上記したようなシングル以外にも、いくつもの作品を世に送り出していますし、またアルバムも現時点で6つ販売していて、最高順位はオリコン74位となっています。
小柳ゆきが歌う曲の作詞や作曲を手掛けたり、世界ウルルン滞在記 テーマソングスに携わったりなど、数多くの活動をしているのも特徴でしょうね。

コンサートなどの活動も積極的に行っていて、今年の3月12日には東日本大震災復興支援3Daysに参加し、他には2月にはPremium meets Premium 2016にも参加しました。
Premium meets Premium 2016では手嶌葵と共にお客さんを魅了し音楽の素晴らしさを伝えていました。

池田綾子は武蔵野音楽大学の卒業生の中でも特に有名な人になりつつありますし、今は彼女はまだ30代後半ですから、今後もますますの活躍が期待できることでしょうね。